2008年05月25日

ライオンズ-ジャイアンツ、その模様と舞台裏をお伝えします。

 今回は、試合の合間から随時更新(ただ、不備があって一部、再編集をしております。(。・。・;)ゴメンナサイ・・・)をしておりましたが・・・。
5月24日に行われましたプロ野球野球セパ交流戦「埼玉西武ライオンズ-読売ジャイアンツ」戦を観戦してきました!

 西武ドームは2006年8月にファイターズ戦で訪れて以来2年ぶり、ジャイアンツ戦は今シーズン初観戦となります。もちろんライオンズホームでの交流戦としては初めてです。

 ジャイアンツにも勝ってほしい(一応、今回は三塁側の席。)があくまでビジターなので、ライオンズもふがいない戦いはという複雑な思いが・・・。(/_;)まあ、年に140試合あるうちの4回しかない大きなイベントですからね。


 という事で、昼頃球場入りしたウェーブ。(既報の通り、今回は西武線内を一部特急ニューレッドアロー・ちちぶ新幹線で移動。)
 MICRO ACE 西武鉄道 10000系「ニューレッドアロー」 3次型 更新車 7両セット


 まず初めは腹ごしらえという事で「交流戦限定グルメ」レストランを探す。
 今回のお目当てはこの2日限定の「巨人戦弁当」。当地の名物、狭山茶をイメージした食材と定番のカツ、相手チームをイメージした食材(ジャイアンツの場合、東京ドームにちなんでオムレツといなり寿司・海苔巻き。その他ではスワローズは燕の親子と巣をイメージして春雨揚げ・玉子付き鶏照り。タイガースはごはんが虎の模様をあしらっており、大阪では有名な串揚げつき。カープはチームカラーの赤にちなんで、チキンライスと焼きそば。(一応、広島ではお好み焼きに焼きそばが入っているのがメインだが。)ベイスターズは横浜名物のシュウマイと肉団子、ドラゴンズは名古屋名物のエビフライがそれぞれメイン。)が入っているとか。

 早速、弁当売り場に並びますが・・・。100食限定ゆえに既に売り切れ。ほかの限定ものもほぼ同様・・・。もうやだ〜(悲しい顔)しょうがないので、とりあえず場内で探すことに。
 すると・・・。ありました!わーい(嬉しい顔) 場内レストランである中国料理「獅子」の担々ビビンバ丼!担々麺を丼にアレンジしたという事でビールと一緒に頂くことに。
 さらに、今回はビールビール各社も交流戦限定キャンペーンを競って展開。今回、K社のにした(実際にはお店がK社のものを使っていた。)のですが、同社の商品も含めてお店で1000円以上買えば抽選の対象となり、運がよければボックスシートのチケットがあたるとの事。
 でも、ウェーブ的にはSA社のような限定ものやSU社のような増量の方がお得でいいんだよな・・・。この2社はもともと、プレミアムタイプしかないし。(´・_・)

 この他にもこの球場に来た時に必ず、お茶喫茶店を買いに訪れる新井園本店さんではクワイを使ったシャキシャキ感がある「交流戦焼き」を、宮木牧場さんでは50種類の米を混ぜた御飯に地場産の黒豚を乗せた「究極の黒豚丼!」というのがあります。こちらも交流戦期間中限定ですので、お楽しみに。


 さて、場内に入る前にはライオンズOBで現在は球団職員として、ファンサービス向上に努めている高木大成氏による「女性のための野球教室」が行われていました。OBの指導だけあって、興味を深めるいいサービスだったと思います。

 さあ、この後は試合本編を振り返っていきたいと思います。o(^-^)o
 
posted by たびいさん at 08:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。