2008年01月06日

初めての北陸旅行記。PART1

 20代になってから、全国各地によく旅行をするようになりましたが、その中でもまだ訪れていない県があります。

・北陸地方の3県
・和歌山県
・山陰地方(鳥取県・島根県)
・山口県
・大分県・宮崎県・鹿児島県

 つまり、東日本(西日本でもあるが。)の中では唯一、北陸地方にだけ訪れた事がなかったのです。しかし!年末年始を利用して、当地をツアーバスバスながら訪れる事ができたのでその模様を。

 まず、首都圏から北陸地方に向かうには以下のルートがある。
・関越ルート(群馬県藤岡市から上信越道に入り、長野経由で新潟県上越市から北陸道に入る。ただ、長野県は雪が多いためその場合は関越道をそのまま北上し新潟県長岡市から北陸道へ。)

・東名(中央)ルート(東名高速か中央道で名古屋に出て、名神高速で滋賀県米原から北陸道へ。なお、圏央道が開通するまでは中央道・長野道経由で長野から上の関越ルートに入る方法もあった。)

 今回は、往復とも関越ルートを利用。出発早々関越道が渋滞のため、途中まで迂回しながら進みつつ途中佐久平(長野県)、名立谷浜(新潟県)、小矢部川(富山県)の3箇所で休憩を挟む。さて、北陸への旅ではあるが、実は長野以北を高速で走るのも初めて。という事で、早速これらの地域の名物もゲット。

佐久平:内山・神津牧場の飲むヨーグルト(群馬県にも跨っているが。)
    おやき(なす)
名立谷浜:コシヒカリアイス
小矢部川:ますのすし(自家製)

 いろは堂 炉ばたおやき(16個入)

お米の粒々が生きているクリーミーなこしひかりアイス12個入り送料無料

ますのすし一重

 そして、自宅を出てから9時間exclamation×2後、金沢東インターを通過。
いよいよ、北陸の地に踏み入れるのです。金沢市内

 まず、最初に訪れたのはインターのすぐ近くにある「箔座本店」。ここには金でできた茶室があるとの事。金の茶室豪勢・・・。(* ̄。 ̄*)ウットリ
 ちなみに、こちらはひがし茶屋街にも支店があり、そちらでは銀箔やあぶら取り紙、それに世界初の「純金プラチナ箔」を利用した製品があるそうです。

ゴールドハンドクリーム

 その後、兼六園へ。兼六園写真は日本最古の噴水といわれるもの。金沢といったら、やっぱりここですね。(ちなみに、冒頭の写真も兼六園の眺望台から撮影したものです。)

 さて、今夜のお宿夜は金沢駅の近くにあるマンテンホテル。しかし・・・自分が宿泊したフロアはなんと禁煙禁煙( ̄□ ̄;)!!それなら、予約時に希望を聞いてほしいな。

 荷物を片付けて駅ビルの金沢百番街へ。あんころ餅や地酒、寿司とたくさんあります。ここでのお勧めは「金沢地酒蔵」。ここでは100円で地酒の試飲ができるのです。(ただし、大吟醸のものは1銘柄300円。)私も、試飲の上「日榮」というものをワンカップでゲット。
【石川県 中村酒造】 日榮 純米吟醸 180ml [カップ酒]

 そして、夕食レストランは「魚菜屋」さんへ。ここは水産会社直営という事で、能登・加賀の旬の幸を頂けるのです。焼き魚と甘エビを始めとする刺身の定食を頂きました。

 再びホテルへ。このホテルの特徴はインターネットiモード全館対応かつパソコンコーナーがある事と、大浴場が「ラジウム人工温泉」になっており、温泉ではないですが露天風呂、さらにはジェットバスがついている。その上、入ると広間になっておりくつろげるようにできているのです。これなら、ゆっくりできますね。

 さて、ここで余談を。ここ、金沢を含めた北陸地方は東日本でもあり西日本であるため、新聞も会社によって異なるのです。

●読売新聞(スポーツ報知):富山県・石川県は東京本社(厳密には富山に北陸支社があるので、こちら)、福井県は大阪本社担当。ただし、スポーツ報知に関しては中央競馬以外の公営競技は富山・金沢でも大阪本社が担当。また、この両地区ではローカル版も設置。(北海道・東北地方も)

●朝日新聞(日刊スポーツ):富山県は朝日新聞が東京本社、日刊スポーツが名古屋本社(大阪本社ベース)の担当。石川県・福井県はどちらも大阪本社の担当。

●毎日新聞(スポーツニッポン)●産経新聞(サンケイスポーツ、夕刊フジ)●日本経済新聞●デイリースポーツ
いずれも大阪本社が担当。(サンスポは東海・北陸版としてローカル差し替えあり。反対に産経新聞は県域版などのローカル差し替えがない。日経新聞は地元北國新聞の系列会社で印刷している。)


これに、中日新聞系列の北陸中日新聞(福井では中日新聞本紙と日刊県民福井)・中日スポーツと各県の新聞(北國新聞(富山新聞)・北日本新聞・福井新聞)が加わる。(ちなみに夕刊紙は「東京スポーツ」が「中京スポーツ」に変わり、「日刊ゲンダイ」は名古屋から一日遅れで販売)なので、ジャイアンツファンの立場としてはスポーツ紙を買うとなると他はタイガースドラゴンズの記事メインのため、スポーツ報知しか選択肢がない。(北海道や九州はセリーグ球団でない。静岡は全国紙は東京発。名古屋など中京圏は地域性を考えるとやむをえない点があるのでまだいい方。)
 
 ただ、ホテルではこうした事を見込んでか読売系と朝日系(他に北國新聞と日経新聞)をロビーやなんと大浴場にあるコインランドリーに設置している(さらに買うこともできる。)ので、これは評価できる。

 翌朝。7時半にホテルを出て福井方面に向かうため、朝食を取る。事前に旅行会社側で和食の指定がされていたが、食器は金沢らしく漆器の弁当箱に入っていた。しかし・・・このホテルの特徴であるサラダバイキングはセットされず。おいおい・・・がく〜(落胆した顔)こうして、雪の中雪福井へと向かったのでした。

(つづく)
 
posted by たびいさん at 16:37| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアル
Excerpt:  しっとりとした神の森「伊勢神宮」の神苑で幼少期を過ごした人が、本書の写真を撮影しているため、心のこもったものになっている。  なにごとのおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる 西行の歌を紹..
Weblog: 旅行を...
Tracked: 2008-02-14 05:54
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。