2014年11月23日

日米野球は侍JAPANの勝ち越しで閉幕!!そして来シーズンに向けて。

日米野球シリーズは、11月22日に沖縄セルラースタジアム那覇で行われた親善試合で、全日程を終了しました。

今年は第3戦(11月15日、東京ドーム)で侍JAPANがノーヒットノーランのピッチングリレーを行い勝ち越しを決めるなど、2017年のWBC制覇に向けた準備を進めている事を実感しました。

しかしメジャーも第4戦(11月16日、東京ドーム)・第5戦(11月18日、札幌ドーム)では意地を見せるなど、侍JAPAN優勢とはいえ、メジャーも力を出していたのではないかと思います。

これからもメジャーの戦いぶりを国内で見れる機会を関係者には増やしてほしいなと思いました。

これで2014年の野球はすべて終了し来シーズンに向けて各球団も動いています。

ジャイアンツはFA宣言した金城選手(ベイスターズ)と相川選手(スワローズ)の獲得に成功しました。
ますます、レギュラー争いが激しくなるんじゃないかと思います。

また、メッツからFA宣言した松坂大輔投手やメジャーを自由契約になった中島選手などの動向も気になるところです。(一部では松坂投手はホークス、中島選手はタイガースに決まったとの報道もありますが。)

その他、マリーンズからFA宣言した成瀬投手はスワローズ入りが決まりました。

どんな戦力が2015年は出てくるのか。今からワクワクしています。

posted by たびいさん at 17:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。