2013年12月07日

今年も最終盤。恒例の音楽の話題から。

こんにちは、たびっとです。
12月最初の週末となった今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

さて、12月第1週といえば、フジテレビ系の「FNS歌謡祭」の時期なんです。

今年も生演奏によるコラボレーションがたくさんありました。

私が今年注目したのは80年代ヒットソングノンストップメドレー。

特に序盤は新旧女性アイドルのコラボという事で、斉藤由貴さんと渡辺麻友ちゃんのコラボによる「卒業」(1985年)、南野陽子さんと指原莉乃ちゃんによる「はいからさんが通る」(1987年)、浅香唯さんとAKB48の高橋みなみちゃん・柏木由紀ちゃんとNMB48による「C-Girl」 (1988年)を披露となりました。
こちらには熱の入りようが違う感じがしました。


もちろん、他にも見所はありました!!話すと長くなるので箇条書きに。

●AKB48単独での披露となった「ヘビーローテーション」(2010年)

●同じくAKB48の「鈴懸(すずかけ)の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」(新曲、じゃんけん大会上位選抜組で構成)


●これまたAKB48の「ハート・エレキ」(THE ALFEEの高見沢俊彦さんとそれをものまねした高橋みなみちゃんが演奏サポートとして参加)



●西野カナさんが声優系アイドル、水樹奈々さんとコラボした「Always」(2012年)


●同じく西野カナさんとゴスペラーズのコラボによる「君って」(2010年)



●miwaさんがデビュー曲「don't cry anymore 」(2010年)を新人女優・大原櫻子さんとコラボ


●司会の草g剛さんがTRF、小室哲哉さんとコラボした「EZ DO DANCE」(1993年)


●華原朋美さんが15年ぶりに小室哲哉さんと共演した 「I'm proud」 (1996年)・「I BELIEVE」 (1995年)



●その雰囲気を一転させた脚本家・映画監督の三谷幸喜さんがAKB48・SKE48・NMB48とコラボした「Beginner」(2010年)


●コラボの王道、加藤ミリヤさんと清水翔太くんの「Love Forever」 (2009年)


と、まだ書ききれないくらいあります。


私も今年に関しては異色のコラボもあったり、姉妹・兄弟コラボもあったりと結構楽しませていただきました。

あっ!!日テレのベストアーティストをまだ見ていない・・・。仕方がない、ミュージックステーションスーパーライブ2013(tv asahi系)が27日と間が空くので、それまでに見ときましょう。
posted by たびいさん at 20:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。