2013年06月09日

「九州が生んだシンデレラ」さしこ初センター!!卒業生あっちゃんもびっくり!! 昨年のベスト3ゆうこりん・まゆゆ・ゆきりん下す!!しのまりは衝撃の卒業発表!! こじはる・たかみな・友ちゃんは滑り込むも名古屋の次世代コンビW松井に及ばず!! ぱるる・さや姉・みるきー・あかりんも躍進!!色々な感情が交錯した新AKB48誕生!! そして5大ドームツアーの後はまさかの味スタa-nationか?

日本中が息をのんでそれぞれ思い思いの場所で見守った第5回AKB選抜総選挙。

今年は舞台を日本武道館から横浜の日産スタジアムに移し、7万人規模(ちなみに、東京ドームは55000人、国立霞ヶ丘陸上競技場・味の素スタジアムは5万人、埼玉スタジアム2002は6万3千人、阪神甲子園球場は4万7千人、札幌ドームは4万人、福岡のヤフオクドーム・ナゴヤドームは3万8千人、京セラドーム大阪・神宮球場は3万5千人、西武ドーム・広島のマツダスタジアムは3万3千人、横浜スタジアム・千葉のQVCマリンフィールドは3万人、川崎市等々力陸上競技場は2万5千人、仙台の宮城球場は2万3千人、千葉のフクダ電子アリーナは2万人、Shonan BMW スタジアム平塚は1万8千人、NACK5スタジアム大宮・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場・日立柏サッカー場・ニッパツ三ツ沢球技場は1万5千人の規模。)の史上最大の野外ライブと開票発表の二部構成で行われました。

5月22日の中間発表では4月に日本武道館で行われた48グループ(AKB48、SKE48、NMB48、HKT48)の合同ライブの中で昨年4位に入るも、某週刊誌のせいでHKT48に移籍させられたものの、リーダーとしての活躍が認められ、その武道館でのライブで、劇場支配人と兼任する事になった「さしこ」こと指原莉乃ちゃんが、1位、2位に新世代のエース「まゆゆ」こと渡辺麻友ちゃん、3位に前回の王者「ゆうこりん」こと大島優子ちゃんが入り、これを名古屋のスーパーガール、SKE48(AKB48も兼務)の松井珠理奈ちゃん・「ゆきりん」こと柏木由紀ちゃん・松井玲奈ちゃん・「ぱるる」こと島崎遥香ちゃん・「名古屋のシンデレラ」柴田阿弥ちゃん・今年4月まで「地元枠」としてNMB48と掛け持ちしていた横山由依ちゃんが追う展開となりました。(ここまで中間発表で1万票以上獲得。)

その一方で、さしこ・まゆゆ・ゆうこりん・ゆきりん以外のベテランメンバーの低迷が目立ちました。
「友ちゃん」こと板野友美ちゃんは年内いっぱいでAKB48を卒業するため、今回が最後の総選挙となりますが、中間発表時点では7千票台前半で14位。「しのまり」こと篠田麻里子ちゃんがこれに続いて15位。「たかみな」こと48グループの統括リーダー・総監督の高橋みなみちゃんは18位、「こじはる」こと小嶋陽菜ちゃんは20位でこの2人は選抜から外れる可能性がありました。

このような状況で迎えた開票日。
大方の予想では「ゆうこりん連覇」「まゆゆ逆転」「第三世代のエース誕生か?」などという見方がされていました。

16位には握手会での対応がいい事で評判を呼んでいる「あかりん」ことSKE48の須田亜香里ちゃんが最初の選抜メンバー入りを決めました。

続いて、14位と15位にはともに同じ年(1993年生まれ)でNMB48のツインフロントでもあるさや姉こと山本彩ちゃんとみるきーこと渡辺美優紀ちゃんが選抜入り。

13位には由依ちゃん、12位にぱるるが初めて選抜入りを果たしました。

11位には友ちゃん。奇跡の追い上げで6万3547票を獲得しました。しかし、彼女にとっては過去最低の順位となりました。

そんな友ちゃんを追い越して10位に入ったのは宮沢佐江ちゃん。
昨年8月の東京ドームでのライブで中国・上海に結成された姉妹グループ「SNH48」のリーダーに着任したものの、今年4月の武道館ライブでAKB本体との兼任に戻りました。
しかし、彼女のスピーチでは「私はSNH48一本で行きたいと思います!!」というこの総選挙における第一の衝撃発言がありました。
昨年のa-nationで初めて(一昨年はAKB48としては不出演。)彼女のパフォーマンスを見て、実力が豊富だなと思っていました。上海でも活躍を期待したいところです。

9位にはこれまた奇跡の追い上げで6万7424票でこじはる、8位もまたまた奇跡の追い上げでたかみなが入りました。こじはるは「来年以降は中間発表までに投票をお願い致します。」と、たかみなは「成功するまであきらめない」とスピーチしました。

さて、無事に選抜に滑り込んだ友ちゃん・こじはる・たかみなを抜き去ったのはいったい・・・?

やっぱりこの2人でした!!
玲奈ちゃんが7位、珠理奈ちゃんが6位。
AKB48に新しい主力コンビの誕生です。
本来の所属チームは別なものの、48グループ最初の地方進出として(珠理奈ちゃんは当時まだ小学生!!)切磋琢磨してきただけに先輩を追い越した達成感があったと思いました。

さて、これで1位〜5位までは昨年と同様、さしこ・まゆゆ・ゆうこりん・ゆきりん、さらに、序盤で苦戦したしのまりが残りました。

この中で最初に抜けたのはしのまり。なんと中間発表時点で1万票に届かなかったのが10倍以上となる9万2千599票を獲得。
前回の総選挙のスピーチでは「いつでもかかってきなさい。」との名言を残し、後輩に大きな影響を与えました。
今回はどんな名言を残すか注目されていましたが、「7月20日・21日の(地元)福岡・ヤフオクドーム公演をもって、AKB48を卒業します!!」との一言。衝撃が日本中に走りました。上京し、AKB48ショップ店員からのメンバー入り。最年長としてグループを引っ張ってきましたが、後輩たちの躍進を受けて、思い起こすものはないと思ったのでしょう。ソロとしてのこれからの活躍に注目です。

4位にはゆきりんが入りましたが、彼女にとっては初めて順位を下げてしまいました。

そして、センターを脇で支える2位、3位の発表へ。
なんと!まゆゆが3位という結果になりました!!
前回の総選挙で「来年は1位を目指します。」と宣言しつつも悔しい結果に。

さあ、こうなると・・・。
2位にゆうこりん。総選挙史上初の連覇が途切れた瞬間でした。これにより、さしこが1位を獲得しセンターを務めることになりました。
その差わずか1万5千票。驚きが日本中を駆け巡りました。

会場では昨年8月にAKB48を卒業し、女優としての活動がメインとなった前田敦子ちゃんも見守っていましたが、彼女もこの結果に驚いたそうです。

さしこはまさに「九州が生んだシンデレラ」です。
HKT48に移籍した後も、まだ初々しいメンバーをまとめるリーダーとして。48グループとして古巣にも時々登場。(例:昨年のa-nation)
これまでの全国ネット番組だけでなく福岡県ローカルの番組でも圧倒的な人気を得て迎えた今回の総選挙。
その人気が投票に与えた影響は大きいと思います。

初めて姉妹グループのメンバーがセンターを務める新曲は8月21日に発売の予定。
その翌日22日〜25日までの4日間は2年連続となる東京ドーム公演となります。


ん?8月?
a-nationのスタジアムフェスが24日・25日に大阪・長居スタジアム、31日・9月1日に味の素スタジアムであるのにこんなことをしていいのかって?

8月31日と9月1日はスケジュールが空いているので他社の女性アーティストでは初めての3年連続(スタジアムフェスは2年ぶり2度目)出演の可能性がまだ、残っています。


a-nationに今回はW松井・さや姉・みるきー・あかりんも含めて選ばれたメンバーがみんな出てほしいと思っているたびっとでした。

posted by たびいさん at 20:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。