2011年04月10日

復興に向けて問われるもの。

明日4月11日、東日本大震災発生から1ヶ月を迎えます。
福島県での原発事故や7日夜の余震も含めて、今回の震災で避難生活を各地で送っている人にとって、家族をなくした人にとって、とてもつらいものと感じています。

たびっとも計画停電にあう事がが度々あったほか、自宅では未だ防災生活の体制が続いています。
ツイッターでもお伝えしましたが、政府・共同募金会・赤十字社・各報道機関・各地の被災した自治体に小額ではありますが、たびっともごく少ない限られた予算の中から募金を随時行いました。

さて、今日4月10日は統一地方選挙の前半戦。東京都知事は石原さんが4選を決めました。
問題発言があったものの、すぐに撤回し選挙戦期間中も公務を優先し、震災からの復興に取り組む姿勢が無党派層などからの支持を得たのでしょう。

復興が進み日常生活に戻るのがいつの日になるのか。これからの政治手腕にかかってくるでしょう。
posted by たびいさん at 20:22| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手に批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。