2008年11月09日

またまた逆転でライオンズ日本一!!

 機動力を生かしたライオンズの野球が上手でした。
今年の日本シリーズは埼玉西武ライオンズが4年ぶりに日本一となって幕を閉じました。


 ホーム・西武ドームで読売ジャイアンツに王手をかけられましたが、第6戦・第7戦と巻き返した末の日本一。4年前、中日ドラゴンズに王手をかけられながら敵地・名古屋で巻き返したのと同様のパターンです。

 この試合は一度ジャイアンツに有利になった流れを代打・ポカチカ選手のホームランで取り戻したというのが勝因になった事が決め手だったでしょう。そして、投手陣ではMVPになった岸投手をはじめ、涌井投手や石井一久投手をリリーフで早々と投入するなど。
 渡辺久信監督の采配が昨年、守り続けてきたAクラスから転落したチームを救ったという展開です。


 さて、ライオンズの戦いはこれで終わったわけではありません。休むまもなく、13日からはアジアシリーズが始まります。4年連続の日本勢制覇に向けてがんばってほしいところです。


 そして、残念ながら惜しくも敗れたジャイアンツの原監督、選手の皆さんにもお疲れ様の一言をかけてあげたいと思います。来年こそは日本一になることを夢見て・・・。
posted by たびいさん at 22:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。