2008年10月01日

パリーグの順位が決定、そしてあの鉄人も見納め。

 10月に入った今夜も各地で盛り上がっています。
というのも、「クイズ!ヘキサゴンU」は3時間スペシャル。(このプレビューは後程また。)浦和レッズは今シーズン唯一の聖地・さいたま市駒場スタジアムに京都パープルサンガを迎えての一戦。


 そして、プロ野球も優勝争いをしているジャイアンツとタイガースはお休みですが他の球団は各地で熱い戦いを展開。
 セリーグは横浜ではドラゴンズがベイスターズを、神宮ではスワローズがカープをそれぞれ下しドラゴンズのクライマックスシリーズマジックは3になりました。このままいくとジャイアンツにとって1位か2位で大きな違い(1位だとアドバンテージが与えられる。2位だとそれがなくホーム(東京ドーム)とはいえ、ドラゴンズと戦わないといけない。)になってしまうので、タイガースが首都圏でのアウェーが続くとはいえ、明日2日の両カードと今週末の東京ドームでの前哨戦?となるジャイアンツ-ドラゴンズは要注意でしょう。

 一方のパリーグ。ここ最近7連敗と元気がなかったライオンズが千葉でマリーンズに引導を渡す快勝をしました。
 仙台ではファイターズが17得点で圧勝したため、クライマックスシリーズ1stステージ(10月11日〜13日)は京セラドーム大阪でのバファローズ-ファイターズになりました。
 その頃、大阪ではライオンズ・ジャイアンツ・バファローズと渡り歩き、今シーズン限りで現役を退く清原和博選手の引退試合が行われていました。
 これまで23年間、幼少の頃からずっとファンの一人として見守ってきていましたが、まさしく鉄人と呼ぶにふさわしい活躍だったと思います。
 今年春、メジャーに渡っていた盟友の桑田真澄投手もユニフォームを脱いだ事がきっかけになったかもしれませんが、また1人、プロ野球を代表する選手が去るのは寂しいことです。
 引退試合にはタイガースの金本選手も駆けつけたほか、マリナーズのイチロー選手も観戦されたとの事。それだけ注目された選手だけに、これからは「ポスト桑田」「ポスト清原」と呼ばれる人材が球界に求められると思います。
 ウェーブも6年ぶりのジャイアンツ-ライオンズの日本シリーズ実現を望みながら、今シーズンの残り少ない試合をそんな気持ちで見守っていきます。

*弊社企画/11月まで限定発売 プロ野球歴23年に命を賭けた男、清原和博。長年の活躍にピリオド!...

投手・桑田真澄の青春

【DVD】ホームランアーチスト 清原和博 500本塁打の軌跡/野球



 ちなみに、来週8日の最後のジャイアンツ-タイガース直接対決(東京ドーム)はセリーグの優勝チームが決まっていなければ日テレ系地上波全国ネット(当初はBS日テレと日テレG+での放送予定だった。)で中継。ラジオも東京地区ではTBSラジオ(ニッポン放送、RFラジオ日本も未発表だが中継する可能性が高い。)、大阪地区ではMBSラジオ(ABCラジオも未発表だが中継する可能性が高い。ネットワークの組み合わせは未定だがどちらもTBSラジオかニッポン放送の技術協力。)が関西エリア向けに自社製作にて放送予定です。
posted by たびいさん at 23:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。