2008年08月17日

今が試練の時・・・?

 この2日間のオリンピックは「波乱」という言葉で表すことになると思います。

 野口みずき選手の欠場で2人の選手で挑んだ女子マラソンは昨年の大阪・世界陸上で銅メダルとなった土佐礼子選手が途中棄権。元々外反母趾の痛みを抱えていただけに、今日も痛み止めを飲んで出場。メダルに懸ける思いが伝わってきましたが、アクシデントといっても仕方がないです。
 一方で、13位に終わった中村友梨香選手。3月9日の名古屋国際マラソンで初マラソンながら初優勝し代表入り、今回がまだ二度目のマラソンだけに、立派です。メダルよりもこうした努力をして得た結果を尊重するというのも大事だと思いました。(ちなみに、優勝したのはルーマニアのコンスタンティナ・トメスク選手でした。)




 野球では星野JAPANは大事な韓国戦を逆転負けで落とし、日本は一転して崖っぷちに立たされました。
 

 7回にフォアボールを与えた場面での継投策の失敗が敗因だそうですが、まだカナダ・中国・アメリカとの戦いが残っており、今回で最後だけに、気持ちを切り替えて望んでほしいところです。

 また、レスリングでは浜口京子選手がアテネの雪辱ならず、準決勝で敗退して3位決定戦へ、「姉妹で金メダル」の夢をもって望んだ伊調千春選手もアテネに続いて銀メダルという結果になりました。



 ところで、レスリングといえばもちろんこちらも忘れてはなりません。昨日は吉田沙保里選手が鮮やかなフォール勝ちでアテネに続いて二連覇を達成、今日も伊調千春選手の妹、伊調馨選手が決勝戦に進出し銀メダル以上が確定しました。



 柔道の内柴選手の試合を見て、金メダル以外は考えていなかったという吉田選手。伊調千春選手の敗戦も大きなプレッシャーだったと思います。しかし、レスリングにつぎ込んだ両親への思いに応えたい気持ち。それがあってこその勝利だったと思います。本当におめでとうございます!!\(*T▽T*)/

 その他ではやはり今回で最後になるソフトボールはベネズエラに勝って決勝トーナメントに進出が決定、競泳も男子4x100メートルメドレーリレーで日本新記録にて銅メダルとなりました。






 という事で、競輪でも永井清史選手が銅メダル。なでしこJAPANもホスト国・中国に勝って、ディフェンディングチャンピオン・アメリカとの一戦に。バトミントン女子に続き、卓球もこちらは男女ともに3位決定戦に進出するまでになりました!

 










 それだけに、注目が目白押しのオリンピック。夏休みが明けると同時に後半戦に入りますが、それでも夜と週末はオリンピックに注目する日々が続きます。o(^ー^)o


 この後、伊調馨選手は見事金メダルに。浜口京子選手は3位決定戦を制し、銅メダルとなりました。




本当に、おめでとうございます!\( ^o^ )/
posted by たびいさん at 17:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
カスタム検索
カスタム検索
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。